売れる!のぼり研究会

のぼり旗をお使いですか?

そしてそののぼりをなんとなく、お店の外に置いていませんか?

端がすりきれた、なんの効果もなさそうなのぼりを街の中でよく見かけます。
色褪せて文字も判別しにくいような。
開店当時に設置したのぼりをそのまま使い続けているような。
残念なことです。だってせっかくアピールするためのものなのに、マイナスイメージにさえ
なることもあるのです。

のぼりは看板と違い、それ自体に動きがあり、目を集める効果がありますし、 場所も移動できることが大きな魅力です。
また風等の自然の影響をうけてさり気にアピールしてくれるところもまたいいです。
数や大きさもお店に合わせて作ることができます。
イベントや取り扱う商品に合わせて置き換えることもできます。
一度つけてしまったら、変えることのない看板とは違い、臨機応変に使うことができます。
気軽に作り変えることができるくらい、コストも安く済みます。
うまく使わない手はありません。
まるでオーダーメイドのような販促アイテムなのです。

そうしたこともあって、最近ではのぼりが重要なアイテムとして見直されています。
ですが、残念ながら、効果的にのぼりを使えているお店はまだまだ少ないように思います。
もう一度のぼりの効果や使い方を考えてみたいと思います。

その特徴を生かして、売り上げをあげるのぼりの使い方をご紹介します。

意外に価格もやすくのぼりってすごいんです。

おススメは、京都のれん株式会社です。


 

コスト高  依頼者の希望  目立つ  雰囲気作り  経済的  魅力的   二の足   重厚感   防炎加工   傷みやすい   作成キット